授業コード
Class code
年度
Year
2016
学部・研究科
Faculty/Graduate school
通信教育部(スクーリング)
添付ファイル名
Attached documents
担当教員(自由記述)
カテゴリー 冬期
授業形態 スクーリング
期間 1群午前
単位数
Credit(s)
2
定員
予備登録の有無 なし
受講可能な学科・学年 『法政通信』受講申込み等関連頁を参照
配当年次
Grade
備考
Notes

【授業の概要と目的(何を学ぶか) / Outline and objectives】
アベノミクスの第三の矢に含まれる,雇用問題について分析します。これは2016年度夏期スクーリングで取り上げた課題の続きです。

【到達目標 / Goal】
夏期スクでは,濱口桂一郎『若者と労働』,同『働く女子の運命』をまとめました。冬スクでは,労働関係についての基本概念をもう一歩進めて,学習します。

【授業の進め方と方法 / Method(s)】
テキストの記述に沿って内容的に噛み砕いて説明します。とくに,労働法についてはあまり学ぶ機会がない方にとっては,入り口が大切です。一歩一歩前進しましょう。

【授業計画 / Schedule】

回 / No. テーマ / Theme 内容 / Contents
第1回 日本的雇用システムの本質(その1) 職務の定めのない雇用契約
第2回 日本的雇用システムの本質(その2) 雇用管理システム。賃金制度
第3回 日本的雇用システムの本質(その) 日本型雇用システムの形成
第4回 日本型雇用システムの法的構成(その1) ジョブ契約としての雇用契約
第5回 日本型雇用システムの法的構成(その2) 民法上の雇用契約
第6回 メンバーシップ型に修正された労働法制 メンバーシップ型に修正された判例法理
第7回 雇用管理システムの入口 新規卒業定期採用の確立
第8回 雇用管理システムの出口 定年制の確立,解雇整理法理,解雇規制の法制化
第9回 人事異動 定期人事異動の確立
第10回 人事権法理の確立 配置転換法理の確立
第11回 賃金制度 年功賃金制度の確立
第12回 最終試験 テキスト類は参照可

【授業時間外の学習(準備学習・復習・宿題等) / Work to be done outside of class (preparation, etc.)】
テキストはすべて読んでおくこと。また参考文献として指定したものについては読んでおいてください。

【テキスト(教科書) / Textbooks】
濱口桂一郎『日本の雇用と労働法』日経文庫,2011年。定価:本体1000円+税

【参考書 / References】
濱口桂一郎『若者と労働』中公新書ラクレ,2013年。定価:本体880円+税
濱口桂一郎『働く女子の運命』文春新書,2015年。定価:本体780円+税

【成績評価の方法と基準 / Grading criteria】
最終試験の結果による

【学生の意見等からの気づき / Changes following student comments】
特になし。

【学生が準備すべき機器他 / Equipment student needs to prepare】
特になし。

【その他の重要事項 / Others】
特になし。